Purwaka Bhumiテキストにおける創造の概念について A Study on the Theory of Creation in the Purwaka Bhumi

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

16世紀,古代ジャワ語で天地創造について書かれたPurwaka Bhumiは,1974年にC. Hooykaasによって英訳されたが,このテキストに関する研究は充分になされていない.その時代,ジャワ島において万物の創造に関する概念は,インドから影響を受けているが,テキストからはインドから影響を受ける以前の独自の信仰を見ることができる.たとえばAdi Sunya,Sang Hyang Widhi,Sang Hyang Sukmaといったインドには見られないジャワ起源の神々が,インドにおいて有力であるシヴァ神やヴィシュヌ神などを創造したと記されている.これは,ジャワ起源の神々の優位性を示したかったものと思われる.当時はSang Hyang Widhiが最も優勢な神として位置づけられ,続いてジャワ起源の神Bhattara Guru,そして最後にシヴァ神,ヴィシュヌ神などのインド起源の神々が位置づけられた.本研究ではPurwaka Bhumiテキストに書かれている,神々,人間,動物,夜叉などの関係とそれぞれの役割を示し,Purwaka Bhumiテキストに見られるインド・ヒンドゥー文化のジャワにおける変容を明らかにした.

収録刊行物

  • 印度學佛教學研究

    印度學佛教學研究 57(3), 1300-1306, 2009

    日本印度学仏教学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007160480
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00018579
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    00194344
  • NDL 記事登録ID
    10189261
  • NDL 雑誌分類
    ZH7(哲学・宗教--宗教--仏教) // ZH2(哲学・宗教--哲学)
  • NDL 請求記号
    Z9-55
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ