『阿闍世王経』と『阿闍世王授決經』 The Ajatasatrukaukrtyavinodanasutra and the Asheshiwang shouji jing阿闍世王授決經

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では,『阿闍世王経』(Ajatasatrukaukryavinodanasutra)の第11章末尾から第12章冒頭にかけての部分と『阿闍世王授決經』(大正No.509.以下『授決經』と略称)末尾部分の間において,類似した叙述が見られることを報告するとともに,両経の当該部分をめぐる編纂事情について考察した.両経の間で共通した記述とは,具体的には「阿闍世王とその王太子への授記」に関するものであり,固有名詞や数詞が一致あるいは類似していることから両経の間に編纂上の関わりがあったことは疑いない.『授決經』のほうが『阿闍世王経』よりも簡潔な表現となっていることなどから,『阿闍世王経』が『授決經』を参照にしたか,『授決經』と『阿闍世王経』の間に共通の典拠があったものと推測される.以上の考察は『阿闍世王経』の編纂過程解明の一助となるものである.

Journal

  • Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu)

    Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu) 57(3), 1215-1219, 2009

    Japanese Association of Indian and Buddhist Studies

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007160504
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00018579
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    特集
  • ISSN
    0019-4344
  • NDL Article ID
    10189179
  • NDL Source Classification
    ZH7(哲学・宗教--宗教--仏教) // ZH2(哲学・宗教--哲学)
  • NDL Call No.
    Z9-55
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top