植物の地上部と地下部のつながりを理解するために (<特集>根系の水と養分吸収の生理生態)  [in Japanese] For the comprehension of functional linkage between above- and below-ground parts (<Feature>Physiological ecology of water and nutrient uptake in root systems)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本特集の基となった第55回日本生態学会福岡大会における生理生態学企画集会は、主に地上部を見て植物の生態を研究している研究者が地下部のどのような性質に注意をして研究をすすめていく必要があるのか、勉強する機会を設けるというコンセプトで開かれた。地下部の水透過性は環境に合わせて、アクアポリンを代表とするタンパク質の性質に依存し数十分のオーダーですばやく変化するとともに植物全体の水透過性に大きく影響する事、地上部の活動(蒸散)が地下部の活動(呼吸)と相関を持ち、地上部を見ているだけでは気づく事ができないコストが地下で発生している事、共生を介した栄養塩獲得能力が地上部と地下部を結ぶシグナルによって制御されている事、地下部にも地上部以上に機能分化したモジュールがありその機能ごとに場合分けが必要である事、これらの企画集会で紹介された研究結果は、地上部の研究者達にとって地下部は無視できないものである事を改めて認識させるに充分なインパクトがあったと思われる。本総括論文では、前半でまずこれらの研究成果について生態学的視点から振り返る。そして、後半では本特集によって見えて来た「地上部と地下部のつながりの理解のために必要な研究とはなにか」について、細根系の機能的ユニット、栄養塩吸収と水吸収のコスト、根の水分生理というトピックに分け、現状と展望を紹介していきたい。

Journal

  • JAPANESE JOURNAL OF ECOLOGY

    JAPANESE JOURNAL OF ECOLOGY 59(1), 71-82, 2009

    The Ecological Society of Japan

References:  94

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007161295
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00193852
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    0021-5007
  • NDL Article ID
    10256086
  • NDL Source Classification
    ZR3(科学技術--生物学--植物)
  • NDL Call No.
    Z18-43
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
Page Top