高出力レーザーを使った弾丸飛翔体加速および衝突実験 : 秒速10kmを越える衝突  [in Japanese] Projectile acceleration and impact experiments using a high-power laser : Impacts with a velocity higher than 10km/s  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

大阪大学レーザーエネルギー学研究センターの高出力レーザーを使ってマクロサイズ(0.1mm以上)の弾丸飛翔体を加速する実験を行っている.これまでに直径0.1〜0.3mmの弾丸飛翔体が秒速10〜60kmに加速されている.この高速度に加速された弾丸飛翔体を使って金属どうしの衝突実験を行い,クレーター,放出破片による二次クレーター,衝突により発生したガスからの輝線,などを観測した.惑星科学への応用を念頭に置いた,珪酸塩物質の衝突発光観測,岩石ターゲットを使ったクレーター形成実験,エアロジェルによる岩石放出破片の捕獲,などの実験も並行して進行中である.

Journal

  • Planetary people

    Planetary people 18(1), 4-9, 2009-03-25

    The Japanese Society for Planetary Sciences

References:  2

  • <no title>

    KADONO T.

    J. Phys. Conf. Ser. 112, 042014, 2008

    Cited by (1)

  • <no title>

    KYTE F. T.

    EPSL 132, 113-127, 2008

    Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007162103
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10446455
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    0918273X
  • NDL Article ID
    10239086
  • NDL Source Classification
    ZM33(科学技術--宇宙科学)
  • NDL Call No.
    Z15-791
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top