神経芽腫治療における外科治療の役割 : 一施設症例の解析からの考察  [in Japanese] The role of surgical intervention in the treatment for neuroblastoma  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

神経芽腫治療における外科治療の役割について一施設症例の解析から検討した.乳児神経芽腫においては,治療の主体は無理のない一期的外科的根治術であり,化学療法,放射線照射を避けることが可能であると思われる.年長児神経芽腫においては,化学療法後の外科治療と局所放射線照射により局所コントロールは可能であるが,遠隔転移のコントロールを含めて考えた場合,治療の主体は化学療法であり,外科治療はその前後の化学療法の妨げになるような手法は避けるべきと考えられた.

Journal

  • 小児がん

    小児がん 42(1), 64-68, 2005-05-25

    がんの子供を守る会

References:  9

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007170847
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116159
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03894525
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top