BNPが多剤併用化学療法における心筋毒性の評価に有用であった2幼児例  [in Japanese] Elevated BNP is a useful predictor of cardiac dysfunction during treatment of _<98>A_3 protocol in two patients with stage 4 neuroblastoma  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

_<98>A_3プロトコールを遂行する上で心毒性は大きな制約条件となりえる.BNPは心不全のマーカーとしてだけでなく心毒性の早期評価にも有効である.我々が経験した2例において,進行神経芽腫に対する_<98>A_3プロトコールの遂行には,心筋毒性の早期評価が重要であり,心電図・心エコー検査に加えてBNPの定期的な測定と,小児循環器専門家との密接な共同診療が必須であった.

Journal

  • 小児がん

    小児がん 42(2), 244-248, 2005-10-20

    がんの子供を守る会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007170941
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116159
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    03894525
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top