独立種としてのマレーシアモグラEuroscaptor malayanaの再記載(西太平洋地域の生物多様性インベントリー 第2期:インドネシア及びマレーシア) Redescription of the Malaysian Mole as to be a True Species, Euroscaptor malayana (Insectivora, Talpidae)(Biodiversity Inventory in the Western Pacific Region II. Indonesia and Malaysia)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

半島マレーシア産のモグラはEuroscaptor属の遠隔地個体群として1940年に記載された.原記載以来,本地域個体群はヒマラヤやタイ国に生息する種の亜種とされるのが一般的で,独立種としての扱いはなされていない.近年発表された形態,核型,分子系統の成果は,半島マレーシア産のモグラが明らかにEuroscaptor属の他種とは異なることを示唆している.本研究では,半島マレーシア産のモグラに関する詳細な形態的記載を行った.半島マレーシアにおいてモグラの主な生息地とされる茶畑の由来に関しても考察を加え,本地域個体群がEuroscaptor属の他種とは明確に異なる形態的特徴を持つ,固有種として位置づけられることを示した.

The Malaysian mole is far isolated population of genus Euroscaptor, described in 1940. Since the original description, the Malaysian mole has been placed as subspecies of Himalayan or Thailand species or synonym of the other species, and it has never been treated as a independent species. Recent results of the morphological, karyological and molecular phylogenetic researches assigned that the Malaysian mole is clearly distinct from other species of Euroscaptor. In this study, detail morphological characters of the Malaysian mole are redescribed. With the discussion of the history of the tea plantation of the mole's habitats in Peninsular Malaysia, the Malaysian mole is considered as a native species with distinct characters from other species of genus Euroscaptor.

収録刊行物

  • 国立科学博物館専報

    国立科学博物館専報 45, 65-74, 2008

    国立科学博物館

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007172235
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379635
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    00824755
  • NDL 記事登録ID
    10397937
  • NDL 雑誌分類
    ZU19(書誌・図書館・一般年鑑--学術一般・博物館)
  • NDL 請求記号
    Z21-208
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ