環境変化と産業集積の適応能力 : 優れた産業集積の危機克服のメカニズム Capability of the Industrial Clusters to Adjust to the Environment Changes

この論文をさがす

著者

抄録

本研究プロジェクト1の目的は、世界及び日本の優れた産業集積の発展経路を、「集積の環境変化(危機の状況一集積内の変化も含む)」、「変化への適応」、「適応を可能にした要因」の視点から分析し、そこから「産業集積の機能が果たした役割」を捉えることである。具体的には、内外のケース・スタディを取り上げ、その発展経路を動態的に分析する。そして、そこからこれからの地域政策への含意を抽出する。本論文は、2008年度に行った金沢、バーミンガム、ドルトムントの現地調査から、産業集積の発展経路を分析している。

This research focuses on the development process of industrial clusters from the viewpoint of 'adaptation to the environmental changes'. The purpose of this research is to derive the role of industrial clusters for the regional economy to overcome crises through dynamic analysis of domestic and overseas case studies. This paper analyzes case studies of Kanazawa, Birmingham, and Dortmund. From the analysis, integral implications for the regional policy were extracted.

収録刊行物

  • 経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報

    経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報 21(2), 63-81, 2009-03

    静岡県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007172458
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10118525
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09188215
  • NDL 記事登録ID
    10222475
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-3446
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ