延宝版『うつほ物語』の「絵」について(二) On the illustration of Enpo edition The Tale of Utsuho in Edo Period

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

平安時代の作品『うつほ物語』には物語本文に「絵解」とよばれる本文が混在している。このため、この作品は絵と深い関係にあったとされる。江戸時代延宝五年(1677)、全巻に挿絵が入った版本が刊行された。この挿絵が、従来の「絵解」とよばれる本文の影響を受けて制作されたものかどうかを検討した。その結果、約4分の1の絵が「絵解」とよばれる本文に関係づけられた。「絵」の制作者が「絵解」に注目した可能性は高い。

The sentences called "Etoki" are found in The Tale of Utsuho written in the Heian Period. It is considered that The Tale of Utsuho has close relations to illustrations, because "Etoki" is related to illustrations. The book including illustrations in the whole volume was published in the Edo Period (1667). The influence of "Etoki" on these illustrations was studied. About 1/4 of all the illustrations was related to "Etoki". This result shows that the writer on this book drew illustrations taking "Etoki" into consideration.

収録刊行物

  • 尚絅大学研究紀要 A.人文・社会科学編

    尚絅大学研究紀要 A.人文・社会科学編 2(0), A1-A14, 2008

    学校法人 尚絅学園 尚絅学園研究紀要編集委員会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007173089
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12209696
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1881-6290
  • NDL 記事登録ID
    9456143
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-S766
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ