夫婦の心理的満足度と相互のコミュニケーションスタイル,情報量,役割一致度 Marital satisfaction and, communication style, information amount and consent of their each role

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

最近カップルの問題が増加しているということが指摘されており,わが国では欧米に比べ結婚や夫婦関係の研究が比較的少ない。そこで,本研究では,一番若い世代である30歳代を中心とした夫婦に焦点を当て,夫婦関係についての調査を実施した。調査対象者は未就学児をもつ夫婦489組(978名)である。質問紙の内容は夫婦関係心理的満足度尺度,コミュニケーションスタイル尺度,夫婦相互の情報量,役割期待一致度尺度などである。その結果,夫婦の心理的満足度については平均的だが,夫の心理的満足度は妻よりも有意に高いことが見られた。エゴグラムを基本に作成された,夫婦の相互のコミュニケーションスタイルでは,自己認知や配偶者認知において,夫と妻の間で有意な差が見られた。また夫婦相互の情報量は平均的であり,夫についての情報量が多ければ妻についての情報量も増加する傾向が見られた。夫と妻のそれぞれの役割一致度においては,夫の役割についての一致度が高ければ妻の役割についての一致度も高かった。

The purpose of the present study was to examine the marital satisfaction, communication style, amount of the information, and consent of their each role in the married couples. Married couples who were almost in the third decade of life, 489 in total, completed a questionnaire that included the scale of Short Marital-Adjustment Test (MAT), couple's communication style, information amount (Love Map), and consent of couple's role. Result of analysis indicated that the score of MAT was average compared with that of U. S. and earlier study. There was a difference between the communication style of husband and that of wife. In married couples, sharing their personal interest suggested, they communicated effectively each other. The higher concordance rate of husband's roles was, the higher that of wife's roles was.

収録刊行物

  • 久留米大学心理学研究

    久留米大学心理学研究 (6), 21-26, 2007

    久留米大学大学院心理学研究科

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007183776
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11799812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13481029
  • NDL 記事登録ID
    8904941
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z74-C884
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ