紀伊半島沖太平洋で記録されたシャチ(<i>Orcinus orca</i>)のエボシフジツボ<i>Xenobalanus globicipitis Steenstrup</i>,1851とクジラジラミ<i>Cyamus</i> sp. Records of Barnacle, <i>Xenobalanus globicipitis</i> Steenstrup, 1851 and Whale Lice, <i>Cyamus</i> sp. from a Wild Killer Whale Captured in the Western North Pacific, off Kii Peninsula, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 酒井 幸子 SAKAI Yukiko
    • 酪農学園大学獣医学部感染・病理部門:酪農学園大学獣医学部野生動物医学センターWAMC Department of Pathobiology, School of Veterinary Medicine, Rakuno Gakuen University:Wild Animal Medical Center (WAMC), School of Veterinary Medicine, Rakuno Gakuen University
    • 林 亮太 HAYASHI Ryota
    • 千葉大学大学院自然科学研究科地史古生物学研究室 Laboratory of Historical Geology and Paleontology, Chiba University
    • 浅川 満彦 ASAKAWA Mitsuhiko
    • 酪農学園大学獣医学部感染・病理部門:酪農学園大学獣医学部野生動物医学センターWAMC Department of Pathobiology, School of Veterinary Medicine, Rakuno Gakuen University:Wild Animal Medical Center (WAMC), School of Veterinary Medicine, Rakuno Gakuen University

抄録

紀伊半島沖で捕獲されたシャチOrcinus orca 1個体(成熟雄)の体表から甲殻類2種(フジツボ類[蔓脚下綱]1個体およびクジラジラミ類[軟甲綱]22個体)が得られた。本研究では,約20年間にわたり保存されていたこれら標本について,形態学的に検討した。その結果,フジツボ類はエボシフジツボXenobalanus globicipitis(Coronulidae)と同定された。本種は日本含め世界各地のクジラ類で報告があるが,シャチでは初記録となった。一方,クジラジラミ類は,Cyamus属であったが,未成熟であったため種の同定はできなかった。クジラ類の着生生物は片利共生体(例えば便乗phoresyなど)であるが,地中海のイルカ類ではX.globicipitisおよびエボシガイ類(LepasおよびConchoderma:エボシガイ科)の寄生個体数は,イルカ類の遊泳速度減少により有意に上昇し,特に致死直前に顕著になるという。よって,外部寄生虫の種(標本の保存),寄生数,寄生部位,同部の病変などの記録は,健康管理上のデータの一部として活用されるであろう。

One cirripedian epizoit and several immature amphipod whale louse were obtained from the skin of a killer whale (Orcinus orca) captured in the western North Pacific off Kii Peninsula in 1988. The barnacle was identified to be Xenobalanus globicipitis Steenstrup, 1851 representing the first record from a killer whale, but the whale louse of the genus Cyamus could not be identified to species. Epizoits are not parasitic but to be commensal (e.g. phoresy). It has been suggested that settlement of X. globicipitis and another cirripedian group (the genera Lepas and Conchoderma: Lepadidae) on dolphins might increase because of reduced movement and/or impaired regenerative and immune functioning of the skin prior to death. Hence, monitoring of such cirripedian species is needed.

収録刊行物

  • 日本野生動物医学会誌

    日本野生動物医学会誌 14(1), 81-84, 2009

    日本野生動物医学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007225778
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11366156
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1342-6133
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ