特定外来生物オオハンゴンソウの管理方法 : 引き抜きの有効性の検討 Management of the invasive perennial herb Rudbeckia laciniata L. (Compositae) using rhizome removal

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

多年生草本植物オオハンゴンソウ(Rudbeckia laciniata L.)の地下部からの再生能力を実験的に評価し、併せて野外観察を行うことで、地下部からの引き抜きの駆除方法としての有効性を検討した。実験室内で、任意の大きさに切断処理を施した根塊を60日間栽培したところ、切片の重量が大きいほど地上部を再生する確率が高くなった。野外において毎年8月に開花したオオハンゴンソウを地下から抜き取ると、3年目には開花茎数が著しく減少した。しかし同時に、それまでほとんどみられなかった未開花茎が大量に確認された。未開花茎は種子由来と思われることから、オオハンゴンソウはシードバンクを形成していると推察された。以上から、複数年にわたり、可能な限り根を残さないように引き抜き続けることで、オオハンゴンソウを根絶できる可能性があると考えられた。しかし、抜き取りは非常にコストがかかるため、刈り取りなど、広範囲に対し低い労力で実行可能な方策との併用がもっとも現実的かつ有効であると考えられた。

We examined the effect of rhizome removal on the invasive perennial Rudbeckia laciniata L. in a laboratory experiment and field observations in Hakone, Kanagawa prefecture, Japan. To evaluate regeneration, randomly cross-sectioned fragments of R. laciniata rhizomes were cultivated in the laboratory for 60 days (25℃/15℃, 12h/12h). The probability of above-ground regeneration increased with the weight of the cultivated rhizome. The number of culms was monitored for three years in 14 plots where all R. laciniata within the plots were removed annually. The number of flowering culms deceased drastically. Nevertheless, culms with no flowers, which were thought to have originated from the seed bank, were abundant in the third year. These results suggest that R. laciniata can be eradicated by continuous rhizome removal. Based on these findings, schemes for eradicating R. laciniata were discussed.

収録刊行物

  • 保全誌

    保全誌 14(1), 37-43, 2009

    一般社団法人 日本生態学会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007226015
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11857952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1342-4327
  • NDL 記事登録ID
    10329751
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-B498
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ