情報検索能力試験25年の歴史からわかること(<特集>インフォプロ:過去・現在・未来)  [in Japanese] What can we learn from the 25-year-long experience in giving the qualifying examination for a database searcher?(<Special feature>Information Professional: from the past to the future)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

まず,1985年から情報科学技術協会(以下INFOSTA)が実施する情報検索能力試験の受験者数の推移を,同時期の社会状況を示す諸指標と関係付けて分析した。ついで,出題された問題について,5年おきに分析した。その結果,2級の受験者数は,同時期のデータベース業参入企業数や研究開発費の伸び率と相関があり,1級の受験者数は,2級受験者数に1年のタイムラグで同一の傾向を示していることがわかった。問題内容では,中期には検索技術に集中し,開始当初と最近は情報流通全体に出題範囲が伸びている傾向が見られた。今後の方向として,(1)2級を中心に考えること,(2)データベース事業者との共存共栄を図ること,(3)単なるサーチ技術ではなく,より広い情報取り扱いの専門性を試す方向にシフトすること,の3点を指摘した。

The facts shown below were found by analyzing the data for the examination and economic indicators. 1. The applicants statistics have clear relation with the number of entry for database companies: 2. The increase in R & D spending has some relation with that of applicants. Three recommendation statements were made as follows: A) 2^<nd>-class examination must be the focus. B) Collaborate with database companies. C) The total view and capability for information management should be tested.

Journal

  • The Journal of Information Science and Technology Association

    The Journal of Information Science and Technology Association 59(5), 202-207, 2009

    Information Science and Technology Association, Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007227120
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10005857
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL Article ID
    10211508
  • NDL Source Classification
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL Call No.
    Z21-144
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top