災害時における安全安心情報の収集・表示システムについて : GPS機能を用いた携帯電話の応用(学生研究発表会)  [in Japanese] Collection and presentation system of safety information in disaster : An application of GPS mobile phone  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

携帯電話に付随したカメラとGPS機能を利用し、それらを元に作成した情報をGoogleマップに貼り付けて連携させることで、位置情報を視覚的に捉え、災害時に役立てることが重要である。例えば大地震が発生した際、被災者は避難所の場所などを把握しづらいことがあり、それにより復興が遅れる可能性がある。本研究ではこれらを解決するため避難所や仮設トイレ、危険地域などの情報をいかに効果的に表現するかについて検討する。

In the era of ICT, mobile phone will have position of own daily life. Especially GPS function of mobile phone will become essential tool. This paper introduces collection and presentation system applying such a GPS function against disaster.

Journal

  • ITE Technical Report

    ITE Technical Report 33.11(0), 123-126, 2009

    The Institute of Image Information and Television Engineers

References:  7

Cited by:  8

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007227894
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1059086X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1342-6893
  • NDL Article ID
    10192540
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1010
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top