脈動ジェット水流式口腔洗浄器具の臨床効果 Effect of a Pulsating Waterjet Device

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 両角 祐子 MOROZUMI Yuko
    • 日本歯科大学新潟生命歯学部歯周病学講座 Department of Periodontology, School of Life Dentistry at Niigata, The Nippon Dental University
    • 山下 穣 YAMASHITA Joe
    • 日本歯科大学新潟生命歯学部歯周病学講座 Department of Periodontology, School of Life Dentistry at Niigata, The Nippon Dental University
    • 阿部 祐三 ABE Yuzo
    • 日本歯科大学新潟病院総合診療科 Comprehensive Dental Care, Niigata Hospital, The Nippon Dental University
    • 竹田 まゆ TAKEDA Mayu
    • 日本歯科大学新潟病院総合診療科 Comprehensive Dental Care, Niigata Hospital, The Nippon Dental University
    • 宇野 清博 UNO Kiyohiro
    • 日本歯科大学新潟病院総合診療科 Comprehensive Dental Care, Niigata Hospital, The Nippon Dental University
    • 佐藤 聡 SATO Soh
    • 日本歯科大学新潟生命歯学部歯周病学講座 Department of Periodontology, School of Life Dentistry at Niigata, The Nippon Dental University

抄録

本研究は,脈動ジェット水流式口腔洗浄器具を用いた歯肉縁上の洗浄が歯肉縁下に及ぼす影響を,歯周組織および歯肉縁下細菌叢の変化で検討した.全身疾患を有さない男性4名,女性4名を対象とし,手用歯ブラシとジェットチップ®を装着した口腔洗浄器具(ウォーターピック®ウルトラJET:WP-10-J,Water Pik,USA)を併用した場合と,手用歯ブラシのみの場合を比較検討した.口腔洗浄器具の使用は,1日1回就寝前,600mlの水道水にて行った.検査項目は,Plaque Index(以下,P1I),Plaque Control Record(以下,PCR),Gingival Index(以下,GI),Bleeding on Probing(以下,BOP),Probing Depth(以下,PD)とし,実験開始時と1,2週間後に測定を行った.細菌学的検索としては,Polymerase Chain Reaction法を用い,Porphyromonas gingivalisの検出を行った.結果,口腔洗浄器具を併用した場合,手用歯ブラシのみの場合と比較し,PCR,P1Iで2週間後に有意な減少を認めた.GI,BOPにおいても口腔洗浄器具を用いた場合のほうが改善がみられた.細菌学的検索では,口腔洗浄器具の併用において,P.gingivalisの検出部位が少なかった.以上の結果から,脈動ジェット水流式口腔洗浄器具を併用した場合,臨床的にプラークの抑制効果があることが示された.また,歯肉溝内の歯周病原細菌の抑制効果があることも示された.これらのことから,脈動ジェット水流式口腔洗浄器具を用いた歯肉縁上の洗浄の歯肉縁下に対する有効性が示された.

In this study, supragingival irrigation with a pulsating waterjet device was performed on subgingival plaque, and then the changes in clinical parameters and bacterial flora were evaluated in comparison to tooth brushing. The test group used a waterjet device once a day. Plaque index (P1I), plaque control record (PCR), gingival index (GI), bleeding on probing (BOP), and probing depth (PD) were measured. Porphyromonas gingivalis was detected in the subgingival plaque by polymerase chain reaction. The clinical findings were superior for P1I and PCR in the group treated with tooth brushing. The test group detected only a slight amount of P. gingivalis. These findings indicate that this pulsating waterjet device may be a useful therapy for periodontal disease.

収録刊行物

  • 日本歯科保存学雑誌

    日本歯科保存学雑誌 52(2), 219-225, 2009

    特定非営利活動法人 日本歯科保存学会

参考文献:  33件中 1-33件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007228050
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191201
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03872343
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ