ヒトの生理的等輝度点は刺激の時空間周波数に依存しない The dependence of the physiologically isoluminant point on the spatiotemporal frequency of the stimulus

この論文をさがす

著者

抄録

色運動処理のメカニズムを調べる研究では、多くの場合、被験者ごとに等輝度点を求め、その点をもとに作成される等輝度刺激を利用している。本稿では、追従眼球運動と呼ばれる反射性眼球運動を手がかりとして、3人の被験者で生理的等輝度点を求め、その性質について調べた。得られた等輝度点には個人差があり、物理的等輝度点に近い被験者もいれば、遠い被験者もいた。また、各被験者の生理的等輝度点は刺激パターンの空間周波数にも時間周波数にも依存していなかった。

In studying the neural mechanisms underlying color motion processing, physiologically isoluminant stimuli have been used for each subject. In this study, we estimated the physiologically isoluminant points for three human subjects by means of ocular following responses, which are elicited with ultra-short latencies by sudden motion of a visual scene. We found that the physiologically isoluminant points depended on individual subjects; in one subject, this point was near the physically isoluminant point but in the others, far from it. We further examined whether the physiologically isoluminant point was affected by spatial or temporal frequency of the visual stimulus. We found that the physiologically isoluminant point of each subject was almost independent of spatial or temporal frequency of the visual stimulus.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 108(480), 159-164, 2009-03-04

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007324970
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091178
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10205554
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ