P2Pネットワークにおける地理的範囲探索の提案 Proposal of geographical range search on P2P network

この論文をさがす

著者

抄録

携帯電話やPDAなどの位置測位可能な携帯端末の普及に伴い,GoogleMapやNaviTimeに代表されるロケーションアウェアネスなサービスの提供が注目されている.このようなサービスを提供するために任意の位置に存在する情報端末を,位置に基づきP2Pで効率良く探索する様々な手法が提案されてきた.しかし,既存の手法は効率の良い探索を実現するために多くのノード情報を管理するスーパーノードなどの特殊ノードが要求され,スケーラビリティの点で現実的とはいえない。そこで,本研究ではP2Pネットワークにスモールワールド理論を適用し,特殊ノードを使わずに低リンク次数で位置に基づく探索を効率的に行う手法を検討・提案する。

As the mobile terminal which can do positioning becomes popular, providing location-awareness service like GoogleMap or NaviTime attracts attention. In order to provide these service, many algorithm for searching Information devices in any place by P2P were proposed. But existing algorithm needs special node like server or super node managing lots of node information in order to search devices efficiently, so these algorithm are not practical in the sight of scalability or the managing cost. So we propose a new efficient device search algorithm based of a location without using a special node.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理 : IEICE technical report

    電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理 : IEICE technical report 108(459), 67-72, 2009-02-26

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007325327
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11651731
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10206686
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ