当事者参加を取り入れた看護過程展開の演習の企画・実施報告  [in Japanese] The report about classroom of the nursing process with patients'participation  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本学1年次後期に開講される看護学原論IIでは,看護過程展開の演習に患者団体による講演会を組み込む授業企画,すなわち当事者参加型授業を企画し,実施してきた.本稿では,平成17年度の授業展開と授業後の学生の反応としてレポート記述例を紹介し,学生の記述から,本授業企画の教育効果について考察を加えた.本授業企画の教育効果の第一は,講演会の中で実体験をもつ方々からの話を聴くことにより,それまで自分の描いてきた患者像とのギャップに気づかされ,自己のイメージ不足に気づく体験をしていること,第二に,目の前で実体験をもつ方々の話を聴きながら,前期に学んだ健康観,人間観,看護観の概念を想起し,目の前の現象と重ね,それぞれの概念の理解をより深めていること,第三は,患者にとって看護者のかかわりの影響の大きさを知り,当事者からの励ましを受けて感情が揺さぶられ,看護学を学ぶ意志を定めていること,であった.

Journal

  • Journal of School of Nursing,Chiba University.

    Journal of School of Nursing,Chiba University. (29), 43-48, 2007-03

    Chiba University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007326125
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00142705
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03877272
  • NDL Article ID
    8781519
  • NDL Source Classification
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL Call No.
    Z19-996
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top