クレオールの社会言語学的考察--特にトクピシンとビスラマの状況  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

太平洋のメラネシア地域で話されるクレオールは,地域によりパプアニューギニアのトクピシン,バヌアツのビスラマ,そしてソロモン諸島のピジンがある.本稿では,現地調査を踏まえてトクピシンとビスラマ両言語の社会言語的立場からの研究可能性について考察を加えた.パプアニューギニアでトクピシンが村でも皆が多く話す傾向がある一方,バヌアツでは首都ポートビラではビスラマが話されるが,村ではオーストロネシア系現地語が話されていることが判明した.

Journal

  • Reitaku University journal

    Reitaku University journal 87, 91-113, 2008-12

    Reitaku University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007326547
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00254301
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    02874202
  • NDL Article ID
    10207247
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-295
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top