Unstructured 型P2Pネットワークにおけるコンテンツの人気度を考慮したTTL制御法 Control of TTL considering content popularity in unstructured P2P networks

この論文をさがす

著者

抄録

Unstructured型P2Pネットワークにおいて,コンテンツごとに人気度が異なり,コンテンツのリクエスト数分布やコンテンツのネットワーク上の存在数分布がべき乗側に近い性質を持っていることが報告されている.これにより,フラッディングを用いてコンテンツの検索を行うと,人気度の高いコンテンツは発見しやすいが,人気度の低いコンテンツは発見しにくいという問題がある.さらに,人気度の高いコンテンツを検索する際に無駄なメッセージが多く発生するという問題が生じる.そこで,本稿では,コンテンツの人気度に応じて検索時のTTL(Time To Live)を制御する方式を提案する.本方式では,コンテンツの人気度を過去にそのコンテンツを検索したメッセージが通過した回数で計算し,人気度の高いコンテンツを検索する際には,TTLを小さく設定し,人気度の低いコンテンツを検索する際には,TTLを大きく設定する.これにより,人気度の高いコンテンツを検索する際に,高いヒット率を維持しながら無駄なメッセージが減少し,かつ人気度の低いコンテンツのヒット率が向上する.結果として,P2Pネットワーク全体で高いヒット率を維持させながら,メッセージ数を減少させる効果が期待できる.また,本稿では,シミュレーションによる評価を行い,提案方式の有効性を示す.

Unstructured peer-to-peer (P2P) networks have power-law topology, and the number of requests also follows the power-law distribution. In such networks it is easy to find high popular contents by flooding search, however it is very difficult to find low popular contents. Moreover, there are much useless messages for searching high popular contents. In this paper, we propose a new TTL control method considering content popularity in unstructured P2P networks. Proposed method calculates contents popularity by the number of messages searching the contents and searches high popular contents with small TTL and searches contents low popular contents with large TTL. As a result, the number of useless messages decreases in searching high popular contents and the hit rate of low popular contents become higher. Moreover, its improved performance is shown by simulation.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム

    電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム 108(457), 411-416, 2009-02-24

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007327734
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11546431
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10206972
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ