近世上方における尊敬語化形式「テ+指定辞」の変遷 The Change of -te+Specifier Construction of Kamigata Dialects

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

現在西日本各地で尊敬語化形式として用いられる「テ+指定辞」は成立当初(18世紀初頭)、継続性表示機能と現在時表示機能を有していた。そうしたテンス・アスペクト機能はその後失われることになるが、本稿では絵入狂言本や浄瑠璃、洒落本、噺本を用いて近世前期から幕末までの用例を収集し、詳細に分析した上で、1780年代頃にはテンス・アスペクト機能が弱化していたことを明らかにする。さらにこうした変化に拍車をかけたのが、「テ+指定辞」と同様の表現性を持つテイナサルの出現であったことを述べる。また明治以降の「テ+指定辞」の動向についても、尊敬語化形式ハルとの関係などを踏まえつつ論じる。

In dialects spoken in the western Kamigata area around Kobe, -te+Specifier construction (TSC), e.g. -te-ja, -te-zo, -te-ka, can be used as a subject honorific expression (sonkeigo). TSC first appeared in the early Edo period and it had the usage of continuative aspect and present tense in addition to the honorific. Take, for instance, the following. Hayashi dono, kokoni nani shitezo? (Mr. Hayashi, what are you doing here?) Today, such function of aspect and tense has been lost from TSC. In this paper, I collected many examples from the archives of historical Kamigata Dialects, e.g. joruri, sharehon, hanashibon, and distributed them from the viewpoint of aspect and tense, and to determine the time when TSC lost such a function; namely, around 1780s. Moreover, I proposed the functional change of TSC was caused by the appearance of -te-inasaru, which was very similar in usage to TSC.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 5(1), 1-14, 2009

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007331804
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13495119
  • NDL 記事登録ID
    9772587
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ