RDFaを用いたメタデータオーサリングシステムの構築(セッション1:メタデータと自動分類、知識支援)  [in Japanese] The Construction of a Metadata Authoring System using RDFa  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

2008年10月にセマンティックウェブの一環として,XHTML文書にメタデータを埋め込むための枠組みであるRDFaが勧告された.我々はWebブラウザ上で動作するRDFaのためのオーサリングシステムを開発した.現在,RDFaはソースコードからの編集が一般的であるが,本システムでは編集対象を選択してより直感的に編集可能である.加えて,すでに埋め込まれているメタデータをアウトライン形式で表示しており,そこから対象のメタデータを編集できる.また,より人間がRDFaを利用しやすくなるようにするため,Webページに関する頻繁に用いられる語彙を日常的な言葉で提示する.これによって幅広いユーザがRDFaを利用することが可能になり,その普及に繋がると考えられる.本稿ではRDFaの普及を目的とした,ユーザが簡単にRDFaを利用できるオーサリングシステムの構築について述べる.

In October 2008, RDFa was approved by the W3C as a Recommendation. RDFa allows to embed RDF metadata in XHTMLs documents, bringing the traditional Web and the Semantic Web closer together. We have created an authoring system for RDFa that works in a Web browser. Using this system, it is possible to select part of a Web page and add semantic data without editing the Web page source code directly. In addition, the embedded metadata is displayed in a outline view. This facilitates understanding of the data and allows direct editing. To help users not familiar with RDFa, we automatically translate RDF URIs for frequently used terms to plain Japanese (or English). With this work, we hope to contribute to the popularization of RDFa.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 2009(35), 1-7, 2009-03-18

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007333952
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10539261
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top