日本語歌詞からの自動作曲

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,任意の日本語テキストの持つ韻律に基づき,歌唱曲を自動作曲する手法について解説する.文学作品や自作の詩,ニュースやメールなど,あらゆる日本語テキストをそのまま歌詞として旋律を生成し,歌唱曲として出力する自動作曲システムは,手軽な作曲のツール,音楽の専門知識を持たない人のための作曲補助ツールとして有用であろう.さらに著作権問題の回避としても用途があろう.歌唱曲は歌詞との関連性が求められる.特に高低アクセントを持つ日本語では,発話音声にピッチの高低が付くため,歌詞を朗読する際の韻律と旋律が一致することが重要とされる.筆者らはこの点に着目し,ユーザが選択した和声,リズム,伴奏音形を拘束条件として,旋律を音高間を遷移する経路とし,韻律の上下動の制限の下で最適経路となる旋律を動的計画法により探索する問題として旋律設計を捉えた.このモデルに基づき,任意の日本語歌詞に,その韻律に一致した旋律を付ける自動作曲手法により自動作曲システムOrpheusを作成したので紹介する.

収録刊行物

  • オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学 = [O]perations research as a management science [r]esearch

    オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学 = [O]perations research as a management science [r]esearch 54(9), 546-553, 2009-09-01

    公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007340255
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00364999
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00303674
  • NDL 記事登録ID
    10424884
  • NDL 雑誌分類
    ZD25(経済--企業・経営--経営管理)
  • NDL 請求記号
    Z4-108
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ