言語の実在とはなにか--アナグラム研究に至るソシュールの思考の同質性  [in Japanese] Qu'est-ce que la realite de la langue? - L'Homogeneite de la pensee de Saussure jusqu'al'etude des Anagrammes  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ソシュールが晩年アナグラム研究と呼ばれる思索に耽ったことは良く知られている。また、彼がそこでや\nっていたことについても、多くが、それ以前のソシュールとはまったく別人の営為を見ることでほぼ一致し\nている。本稿は、それとは反対のことを試みようと思う。つまり、ソシュールのアナグラム研究を、その挫\n折までも含めて、彼の思索の持続の中に置いてみようと思う。

Journal

  • Journal of Atomi University, Faculty of Literature

    Journal of Atomi University, Faculty of Literature (42), 67-86, 2009-03

    Atomi University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007343542
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11839735
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13481444
  • NDL Article ID
    10431070
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-543
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top