Development of an in vivo assay method for evaluation of "oketsu" using hen-egg white lysozyme (HEL)-induced blood flow decrease

Author(s)

Abstract

『〓血』は漢方において重要な病態の一つである。本研究室では,これまでに卵白リゾチーム感作マウスの末梢血流量低下を指標としたアレルギー予防物質探索のためのアッセイ法を開発している。このアッセイ法における指標である末梢血流量低下の症状は,〓血症状と類似している。そこで今回著者らは,本アッセイ法が〓血の評価法として利用可能であるかを確かめるため,駆〓血方剤として臨床応用される代表的な漢方処方および駆〓血生薬を評価した。その結果,一般的に駆〓血方剤として用いられる代表的な漢方処方である,加味逍遙散,桃核承気湯,当帰芍薬散および桂枝茯苓丸には顕著な作用が見られたが,慢性肝炎における肝機能障害の改善等に用いられる小柴胡湯には顕著な作用は見られなかった。また生薬では,駆〓血生薬として知られる牡丹皮,桃仁,当帰および芍薬は,血流量低下を改善したことから,このアッセイ法は駆〓血薬の新しい一次スクリーニングとして応用できることを示した。

"Oketsu", or stagnant blood syndrome, is one of the important pathological concepts in therapy with Kampo formula and drugs. Here we show the effectiveness of our previously developed in vivo assay system for the evaluation of such drugs. The assay system measures blood flow in the microcirculation of the mouse tail after injection of hen-egg white lysozyme (HEL). The results showed the effectiveness of Kampo formula and crude drugs clinically used to treat "oketsu", while little effect was found with drugs used for other purposes. These results indicated the effectiveness of the method for screening drugs aimed at "oketsu" treatment.

Journal

  • Journal of traditional medicines

    Journal of traditional medicines 26(3), 97-103, 2009-08-31

    Medical and Pharmaceutical Society for WAKAN-YAKU

References:  33

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007356327
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12035198
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    18801447
  • NDL Article ID
    10435047
  • NDL Source Classification
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL Call No.
    Z19-1563
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top