視線情報と心拍情報からの眠気レベル推定 Estimation of Drowsiness Level Based on Eyelid Closure and Heart Rate Variability

この論文をさがす

著者

    • 土田 歩 TSUCHIDA Ayumi
    • 愛知県立大学大学院 情報科学研究科 Graduate School of Information Science and Technology, Aichi Prefectural University
    • 小栗 宏次 OGURI Koji
    • 愛知県立大学大学院 情報科学研究科 Graduate School of Information Science and Technology, Aichi Prefectural University

抄録

近年,自動車の安全技術の向上により交通事故死者数は減少傾向にあるものの,事故発生件数自体は依然として高い水準で推移している.事故の大きな要因としてはドライバの居眠りが考えられ,現在は生体信号や運転パフォーマンスなどから眠気レベルを推定するための研究が多く報告されているが,未だ推定手法の確立には至っていない.そこで本研究では,視線情報及び心拍情報から眠気レベルを推定する手法を提案する.手法としては,二値判別を行なう判別器を組み合わせて,損失関数に基づく復号化手法(LD-ECOC)を用いて多値化するものである.本報においては,ドライビングシミュレータにて計測実験を行ない,提案手法を用いて眠気レベルの推定を行なったところ,顔表情からの眠気評定値との高い一致率が得られたので報告する.

In the recent years, the development of safety system technologies have contributed to reduce deaths from traffic accidents, but the number of traffic accidents has persisted high level. The majority of traffic accidents are caused by driver's drowsiness. Several theoretical methods concerning the estimation of drowsiness level based on physiological signals or driving performance have been suggested, however, the confirmed method have not devised yet. This study therefore proposes the estimation method of drowsiness level by Loss-Based Decoding Error-Correcting Output Coding (LD-ECOC) based on the eyelid closure and heart rate variability. Through the performance validation of proposal method during the experiments using the driving simulator, we obtained very high accuracy for estimation of drowsiness level.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 109(123), 69-72, 2009-07-03

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007358874
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10308370
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ