いびきパターン分類に基づく閉塞性いびきと良性いびきの比較  [in Japanese] Comparing benign snore with apneic snore based on snoring pattern classification  [in Japanese]

Author(s)

Abstract

現在、睡眠時無呼吸症候群(OSA)は、睡眠ポリグラフ(PSG)検査によって診断されているが、患者にとって不便である。OSA患者の大きな特徴にいびきがあり、いびき音は容易に得ることができるので、いびきからOSAの診断が期待される。一般にいびきは、閉塞性いびき(OSAによる)と良性いびき(単純いびき)に分類され、それらのいびきは特徴的ないくつかのパターンによって構成されていると考えられる。そこで本研究では、SOMを用いて、いびきをいくつかのパターンに分類できるかを検討する。

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 109(123), 1-4, 2009-07-03

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007358887
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1001320X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    10307252
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top