電磁界理論における解析手法の変遷と将来展望 : 電磁理論の諸問題と計算電磁気学における数値解法  [in Japanese] Progress and Perspective in Electromagnetic Theory : Some Problems in Electromagnetic Theory and Numerical Techniques in Computational Electromagnetics  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

電磁理論の諸問題及び計算電磁気学における数値解析法について概説している.電磁理論の諸問題の一つに,電磁気学がある.電磁教育で使われている代表的教科書を見ると,物質を含むマクスウェルの方程式の理論構成やポインティングベクトルにおいて,物理的な解釈をめぐり色々な主張がなされ,電磁教育に支障をきたしている.本論文では,これらの誤解の根底となっている表示(EB表示,EH表示,DH表示)の問題点とポインティングベクトルの問題点を具体的に指摘し,電磁理論を巡る混乱を収束し,今後の電磁教育に有用な情報を提供する(細野).また,筆者の個人的経験に基づいて,電磁波散乱問題のマクスウェル方程式数値解法(計算電磁気学)の代表的な三つの手法,積分方程式法,時間領域有限差分(FDTD)法,有限要素法(FEM)の進展について基礎研究という立場から概観する.更に,計算電磁気学の将来展望,筆者の個人的体験についても述べる(田中).

Journal

  • The IEICE transactions on electronics C

    The IEICE transactions on electronics C 92(8), 314-324, 2009-08-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  52

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007359681
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11412446
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    13452827
  • NDL Article ID
    10401221
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-607
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  IR 
Page Top