幼児に見られる攻撃的笑いについて : 観察記録からの検討

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は、幼児期に見られる攻撃的笑いについて、観察記録に基づき検討することである。年少児~年長児44名について分析したところ、幼児は、直接的に相手を支配・威圧したり、間接的に攻撃するために攻撃行動に伴う笑いを見せていた。また、仲間と共有する攻撃的笑いには、一つの笑いに親和的性質と攻撃的性質が含まれており、より見えにくい形の攻撃的笑いが見られた。

収録刊行物

  • 笑い学研究

    笑い学研究 16(0), 114-118, 2009

    日本笑い学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007359788
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11849524
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    2189-4132
  • データ提供元
    NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ