三項述語文における語順交替に名詞句の有生性と述語タイプの及ぼす影響 : 事象関連電位による探求 Effects of Noun Phrase Animacy and Predicate Type on Word Order Alternation in Three-Place Predicate Constructions : An ERP Investigation

この論文をさがす

著者

抄録

Koso,Soshi and Hagiwara(2007)では,事象関連電位を指標として日本語三項述語文におけるニ格名詞句とヲ格名詞句の語順交替について検討した.しかし,異なる語彙を直接比較していることや,ニ格名詞句に有生名詞,ヲ格名詞句に無生名詞を使用していることから,語彙の相違や名詞句の有生性によってもたらされる特定の述語タイプに対する予測が,結果に影響を及ぼした可能性がある.そこで,ニ格とヲ格にともに無生名詞が現れる交換可能文を使用し,各文節を読む際の事象関連電位を計測したところ,ニ格>ヲ格語順文のヲ格名詞句を読む際に,ヲ格>ニ格語順文のニ格名詞句を読む際と比較して,左前頭部に有意な陰性成分(LAN:Left Anterior Negativity)が観察された.この結果は,規範語順の決定には,名詞句の有生性や述語タイプなどさまざまな要因が総合的に関与することを示唆している.

Koso, Soshi and Hagiwara (2007) examined word order alternation between a dative NP and an accusative NP in Japanese Ditransitive constructions using Event-Related Brain Potentials (ERP). They compared different lexical items and NPs with different animacy, an animate dative NP and an inanimate accusative NP. Their results might be biased by these uncontrolled factors that yield expectation for a specific predicate type. This study used ditransitive sentences with an inanimate dative NP and an inanimate accusative NP that are exchangeable without changed plausibility of sentences and recorded ERPs when the participants read the sentence phrase-by-phrase. LAN (Left Anterior Negativity) was observed when the participants read an accusative NP in sentences with Dative-Accusative Word order. This result suggests that canonical word order can be determined through interaction of multiple factors such as the predicate type and the noun phrase animacy.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語

    電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語 109(140), 63-66, 2009-07-11

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007360556
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10449078
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10307098
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ