ヨクイニン及びヨクイニン水製乾燥エキスに含まれる分子量27000蛋白質の酵素免疫測定法を用いた定量 Quantitative Analysis of a M.W. 27000 Protein in Hot Water Extracts and the Globulin Fraction of <i>Coix lachryma-jobi</i> L. var. <i>ma-yuen</i> Stapf Seeds by Enzyme Immunoassay

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ヨクイニンは、ハトムギから殻を除いた種仁の部分で、近年、いわゆる健康食品あるいは栄養補助食品として、濃縮エキスにしたり、顆粒状にして販売されている。また、茶、菓子、食品添加物的利用として調味料にも、また化粧品としても利用されている。ヨクイニンは、紀元元年頃の博物誌とされる神農本草経上品に既に収載され、益気(活力高揚、気力充足)剤として利用されている記録がある。一方、ヨクイニンは、民間療法や生薬製剤において疣取り、肌荒れの改善にも利用されている。しかしながら、このように広範囲に利用されているにもかかわらず、定量可能な特異成分がないため、その評価方法は確立していない。今回ヨクイニン粉末及びヨクイニン水製乾燥エキスの品質評価を目的として、酵素免疫測定法による定量法の確立を意図した。標準品には、ヨクイニンに含まれる分子量27000の蛋白質(27KP)を抽出精製したものを用いた(Fig. 1)。27KPを標準ヒントして用いた酵素免疫測定法は、良好な用量作用曲線(Fig. 2)と、添加回収試験結果(Table 2)を示した。この結果、27KPはヨクイニン粉末中に0.338-1.282% (n=6)で、ヨクイニン水製乾燥エキス中に0.054-0.167% (n=6)含有されていた(Table 4)。この測定法において、ヨクイニンと同じ種に分類されるジュズダマと、11.2%の交差反応を示したが、他のイネ科の植物には、0.1%以下の交差反応であった(Table 3)。このことは、本法が、ジュズダマを含まないヨクイニン含有の健康食品中のヨクイニン使用含量の測定に十分用いられることを示している。一方、ヨクイニンを含有する繁用漢方処方薬は数種類あり、いずれもジュズダマ(川殻)を含まず、ヨクイニン以外の生薬とは交差反応を示さなかったことから、本法は、その製剤品質試験にも活用することができる。したがって、本定量法は、ヨクイニン粉末及びヨクイニン水製乾燥エキスを含む広範囲の製品の品質評価法として利用可能である。

To evaluate the globulin fraction and hot water extracts of Coix seeds, a method for quantitative analysis by means of EIA was established. The contents of the marker used, a protein of M.W. 27000 (27KP), were 0.338-1.282% in seeds themselves (n=6) and 0.054-0.167% in hot water extracts (n=6). The assay demonstrated an extremely low cross-reaction with protein of grain seeds or other Chinese crude drugs or other grain seeds of the same family. Only Job's tears, another strain of the same species, showed a cross-reaction of 11.2%. Thus 27KP is a major protein in Coix seeds not found in other gramineous seed except Job's tears. However, this does not present a problem since clearly digger directions for the use of the two seeds in Chinese traditional prescriptions. Thus determination of the level of 27KP in Coix seeds and hot water extracts is useful for quantitative purpose. The pharmaceutical effects of 27KP itself are presently under investigation.

収録刊行物

  • 日本食品化学学会誌

    日本食品化学学会誌 3(2), 120-124, 1997

    日本食品化学学会

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007367108
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11666400
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13412094
  • NDL 記事登録ID
    4161224
  • NDL 雑誌分類
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-B99
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ