米国連邦有林における木材販売(自由論題論文,1994年秋季大会) Timber Sales of US National Forest System(Voluntary Papers)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

米国連邦有林は森林資源の保護および国民のニーズに応じた利用という精神のもとに,農務省森林局によって管理されてきた。そこからの木材販売においては地元企業を優先し伐採収入の25%を地元の郡へ供与するなど地域経済の発展に大きく貢献してきたし,また第二次世界大戦後の急激な木材需要の増大に対応した増産をするなど国家的見地からも重要な役割を果たしてきた。しかし,1960年頃からの自然保護運動の高まりとともに大面積皆伐などへの批判が強まり,いくつもの法整備を経て連邦有林の森林管理規定は修正変更を繰り返してきている。本論文は,こうした認識を踏まえて米国連邦有林における木材生産活動の制度的変遷をたどるとともに,現行の木材販売の基礎である立木評価システムの分析を通してその問題点と妥当性について考察を行ったものである。また,1980年代に全米各地で大きな問題となったBelow-cost timber salesについてもその発生要因および議論の焦点を示し,森林局が連邦有林管理上の一つの大きな目的である木材生産にどのような姿勢で取り組んでいるかを分析した。

収録刊行物

  • 林業経済研究

    林業経済研究 1995(127), 137-142, 1995

    林業経済学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

  • <no title>

    CLARY D. A.

    Timber and the Forest Servise, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    BEUTER J. H.

    Federal Timber Sales, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    BEUTER J. H.

    Federal Timber Sales, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    O'TOOLE R.

    Reforming the Forest Service, 1988

    被引用文献1件

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007369131
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00330523
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0285-1598
  • NDL 記事登録ID
    3268725
  • NDL 雑誌分類
    ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL 請求記号
    Z18-449
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ