GMPLS対応マルチレイヤネットワーク管理方式の提案  [in Japanese] Proposal of a Multi-Layered Network Management Methods for GMPLS Networks  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 大塚 祥広 OTSUKA Yoshihiro
    • 日本電信電話株式会社NTTネットワークサービスシステム研究所 NTT Network Service Systems Laboratories, NTT Corporation
    • 木村 辰幸 KIMURA Tatsuyuki
    • 日本電信電話株式会社NTTネットワークサービスシステム研究所 NTT Network Service Systems Laboratories, NTT Corporation
    • 今宿 亙 IMAJUKU Wataru
    • 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 NTT Network Innovation Laboratories, NTT Corporation

Abstract

近年のIP系ブロードバンドサービスの拡大によるトラヒックの増大に伴い,波長多重技術,光スイッチング技術,自律制御プロトコル技術を用いた光ネットワークが注目されている.しかし,複数の装置及び複数のレイヤで構成されたネットワークを統合的に管理し,効率的なネットワーク運用をサポートするマルチレイヤネットワーク管理技術についての検討は十分とはいえない.本論文ではGMPLS制御機構を有する光クロスコネクト装置及びコアルータ装置で構成されたMPLS/SDH/OTNマルチレイヤネットワークを対象として,統合管理に向けた課題を明確化するとともに,マルチレイヤパスの管理モデル,パス制御管理方式,故障管理方式,及びSRLGの概念に基づくリスク,コスト優先制御管理方式について提案する.更に,試作による機能確認,GMPLSによる開通方式とネットワーク管理システムによる開通方式との比較評価についても述べる.

Journal

  • The IEICE transactions on communications B

    The IEICE transactions on communications B 89(11), 2103-2116, 2006-11-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  15

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007379620
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11325909
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13444697
  • NDL Article ID
    8563329
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-606
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top