トランスポート層プロトコルフリーな通信環境を透過的に実現するフレームワークの開発  [in Japanese] Design and Implementation of a Transparent Framework Providing Transport-Layer Protocol-Free Environment  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

筆者らは,これまでにTCP/IPを利用する既存のネットワーク型アプリケーションに対して暗号化機能や圧縮機能などのセッション層/プレゼンテーション層機能(以下,サービス機能)を透過的に追加するためのマルチプラットホームフレームワークであるFreeNAを提案してきた.しかしながら,最近では無線ネットワークや高遅延ネットワークなどといった多様なネットワーク環境下でのアプリケーション利用も想定されるため,上位層プロトコル機能の追加だけでなく,通信フローそのものを透過的に制御する仕組みが新たに必要になってきた.そこで,筆者らは,既存アプリケーションに対して任意のトランスポート層プロトコルを透過的に追加するために従来システムを拡張した.プロトコル機能はユーザ空間内で実装されているため,利用者の指示に従って容易にプロトコルの追加・交換・削除することが可能である.また,互いに異なるトランスポート層プロトコルを利用するアプリケーション同士が通信を行うことを想定し,相手が利用するプロトコルに応じてアプリケーションが適応的にプロトコルを選択する仕組み(トランスポート層プロトコルフリー環境)を実現した.本論文では,トランスポート層プロトコルの追加及びプロトコルフリー環境を実現する仕組みをWindows及びLinux上で実装し,性能評価を行う.

Journal

  • The IEICE transactions on communications B

    The IEICE transactions on communications B 92(4), 656-666, 2009-04-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  17

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007379698
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11325909
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13444697
  • NDL Article ID
    10252984
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-606
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top