車載レーザスキャナによる距離データマップの構築と高精度自車位置推定  [in Japanese] Range Data Map Construction and Accurate Ego-Localization Using In-Vehicle Laserscanner  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論文では,事前に構築した距離データマップと走行中の自車が測定した距離データを対応づけることで,高精度に自車位置推定を行う手法を提案する.我々が考案した距離データマップとは絶対位置座標とその位置における車両走行方向の距離データ及び距離データの信頼性を対応づけたマップである.また,ここでいう距離データとは,4ラインレーザスキャナにより測定された車両前方の奥行方向の距離分布である.自車位置推定のために行う距離データマップと距離データの対応付けでは,精度向上をねらい,距離データ系列同士をDPマッチングで対応づける.複数の車線がある道路の同一区間を走行しながらGPSと同期して測定されたデータ系列を用いて,実験を行った.実験の結果から距離データ系列間の対応付けにより高精度な位置推定と走行車線分類が可能となることを確認した.

Journal

  • The IEICE transactions on information and systems

    The IEICE transactions on information and systems 92(2), 215-225, 2009-02-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  16

Cited by:  10

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007380035
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12099634
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    18804535
  • NDL Article ID
    10157575
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-779
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top