実世界重要体験の抽出・再現に基づく事後学習支援手法の提案  [in Japanese] A Method for Supporting Reflective Learning by Extracting and Representing Important Real-World Experiences  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

実世界での学習(例えば環境学習)における体験の効果を高めるためには,事後にその体験を振り返り,内省を行うことが大切である.本研究は,(1)実世界の学習者の体験情報(視界・発話・移動・体軸方向情報)を身体装着型センサで記録,(2)重要体験の抽出のために人の特徴的移動行動を観察,(3)重要体験を時空間的に再現し新たな事後学習を支援,する手法を提案する.提案手法を導入した環境学習プログラムの実践では,重要体験の高精度な抽出とその仮想的再現に成功した.そして,学習者が体験やその状況を想起しながら実世界活動を事後観察し,新たな発見を得ることを可能とした.これらは,提案手法の有効性を示す結果である.

Journal

  • The IEICE transactions on information and systems

    The IEICE transactions on information and systems 91(1), 65-77, 2008-01-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  31

Cited by:  8

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007380901
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12099634
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    18804535
  • NDL Article ID
    9327989
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-779
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top