3自由度力覚ディスプレイのための面型ポインタ  [in Japanese] Flat Pointers for 3-DOFs Force-Displays  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

3自由度の力覚ディスプレイはシンプルな機構で実現できる上,軽量・高剛性の両立が可能であるという利点を有する.3自由度力覚ディスプレイを2組用いれば,親指と人差し指とを用いたインタラクションを実現できるが,VR空間内における物体移動などの作業が円滑に行われないケースがある.そこで本研究では,不安定さが生じる状況を分析し,これに基づいて安定な把持を実現するための手法を確立することを目的とした.VR空間におけるポインタを点から面に拡張することを提案し,面の向きを決定する手法を考案した.VR空間内において物体操作に関する評価実験を行い,点型から面型ポインタに拡張することで操作性が向上することを確認した.

Journal

  • The IEICE transactions on information and systems

    The IEICE transactions on information and systems 91(12), 2739-2745, 2008-12-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  10

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007380954
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12099634
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    18804535
  • NDL Article ID
    9733864
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-779
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top