映像からの運動モデル獲得によるボールの未観測運動推定  [in Japanese] Estimating Unobserved Motion of a Ball by Acquiring Its Physical Model from Image Sequences  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

映像中の物体の位置や姿勢を推定するトラッキング手法では通常,エッジやシルエット等の二次元の見え方特徴が映像から抽出できることを前提としているが,隠れにより位置を反映した特徴量が得られない,形状が球のため姿勢変化を反映した特徴量が得られない,といった状況は頻繁に生じる.物体の位置と姿勢は互いに独立な自由度をもった物理量であるが,物体の運動においては,異なる時刻問での位置同士,姿勢同士や位置と姿勢の間に運動法則という関係が存在する.本論文ではボールの運動を例としてこれらの関係を運動モデルとしてモデル化し,更に観測された特徴量から運動モデルのパラメータを推定することにより,映像中に直接それを反映する特徴量が現れない場合でも,得られた運動モデルをもとにボールの位置や姿勢変化を推定する手法を提案する.

Journal

  • The IEICE transactions on information and systems

    The IEICE transactions on information and systems 91(12), 2950-2960, 2008-12-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  10

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007380977
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12099634
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    18804535
  • NDL Article ID
    9734075
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-779
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top