計算機作業環境におけるユーザのインタラクションに応じた周辺情報の提示タイミング  [in Japanese] Display Timing for Peripheral Information Based on Computer-User Interaction  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

ユーザがPC上で得る様々な情報の中で,ポップアップ表示やティッカーディスプレイなどの提示法によって得る情報のことを本論文では周辺情報と呼ぶ.周辺情報の提示により,ユーザはメインタスクを中断することなく情報を得ることが可能となる.しかし提示はユーザのメインタスクにとって割込みとなるため,メインタスクの実行効率が落ちてしまう原因となり得る.またメインタスクに集中して画面の一部を注視している場合などに,提示を見逃してしまうことも起こり得る.本論文は,メインタスクヘの妨害を小さく,かつ気づかせやすく周辺情報を提示することを目的とし,作業の小休止時点で周辺情報を提示する手法を提案し,評価した.実験の結果,Webブラウジング時において提案手法を用いることで,従来手法と比較して提示への気づかせやすさを向上させることが可能であることが示された.

Journal

  • The IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences (Japanese edition) A

    The IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences (Japanese edition) A 91(2), 260-269, 2008-02-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  16

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007384605
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013345
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09135707
  • NDL Article ID
    9369752
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-605
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top