HMMを用いた日変動パターンに基づく環境電磁波のモデル化と異常検出 Modeling and Anomaly Detection of Environmental Electromagnetic Waves Based on Patterns of Diurnal Change Using HMM

この論文をさがす

著者

    • 高瀬 裕矢 TAKASE Yuya
    • 名古屋工業大学大学院 工学研究科 情報工学専攻 Graduate school of Engineering, Nagoya Institute of Technology
    • 酒向 慎司 SAKO Shinji
    • 名古屋工業大学大学院 工学研究科 情報工学専攻 Graduate school of Engineering, Nagoya Institute of Technology
    • 内匠 逸 TAKUMI Ichi
    • 名古屋工業大学大学院 工学研究科 情報工学専攻 Graduate school of Engineering, Nagoya Institute of Technology

抄録

日本は世界有数の地震大国であり,古くから多くの甚大な被害を受けてきた.地震による被害を軽減するためには,地震の発生を事前に予測することが極めて有益である.その中で,地震発生以前に環境電磁波から地震発生に由来する異常な放射が観測されることが報告されている.我々の研究グループでもELF帯の環境電磁波を日本全国約40ヶ所で観測しており,地震と異常放射の関連を明らかにすべく様々な研究を行っている.そこで本稿では環境電磁波の異常放射検出を目的とし,HMMを用いて日変動パターンをモデル化し,その尤度変化から異常を検出する手法を提案する.最後に,過去に発生した2つの大地震に対する実験結果から本手法の有効性を検討する.

Japan is one of the highly seismic country and Japanese has suffered disastrous damage from huge earthquakes many times. Therefore, it is very important to catch the portent of earthquakes to reduce the damage. Anomalous environmental electromagnetic (EM) waves have been reported as the portent of earthquakes. We have been measuring the Extremely Low Frequency (ELF) band at about 40 sites in Japan and our goal is to clarify the correlation between the anomalies and earthquakes. Therefore, in this paper, in order to detect the anomalies we propose a method based on durnal change of EM waves using HMM. Experimental results for huge earthquakes show the effectiveness of the proposed method.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理 : IEICE technical report

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理 : IEICE technical report 109(202), 77-82, 2009-09-17

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007386687
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11943613
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10390589
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ