Gfdnavi における対話的横断検索の実現 A cross-search mechanism using Faceted Navigation for Gfdnavi

この論文をさがす

著者

抄録

種類やサイズ等が増加している科学データに対して検索・解析・可視化を簡単に行うことが出来るツールGfdnviの開発を進めている.現在のGfdnaviはアクセスしているサーバ内のデータしか検索出来ない.しかし,今後複数のサーバが公開されることが予想される.そこで,我々はそれらサーバ間での横断的な検索を可能にし,研究者同士の知識を共有できるように開発を行った.その際,本研究では検索インタフェースにFaceted Navigationを導入し,ユーザが検索条件を記述することなく,複数のサーバ上のデータを探索的に検索ができるシステムを提供している.また,Gfdnaviで提供されているRESTベースのWebサービスを利用することで,柔軟な横断検索を実現した.

We are developing Gfdnavi, which is a integrated desktop tool and it can search, analyze and visualize geophysical fluid data. Though we can search only the data of accessed server, the number of servers for Gfdnavi will increase. Then we develop a cross-search mechanism among public Gfdnavi servers so that scientists can share scientific datasets. To achieve this, we apply Gfdnavi query interface to Faceted Navigation mechanism for querying data. Therefore, users can easily search data of public Gfdnavi servers. And we use existing web service of Gfdnavi to develop a cross-search.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学

    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 109(186), 21-26, 2009-08-31

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007387308
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10012921
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10390456
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ