南北朝期東国守護の存在形態に関する一考察 : 下野国の場合を中心に A Study of Conditions of the Shugo in Togoku Region during the Nanbokucho Period : with Special Emphasis on Shimotsuke Province

この論文をさがす

著者

抄録

論文一 はじめに二 建武四年末~尊氏の東国下向までの守護沿革考証について a 建武四年末~貞和年間 b 観応二年八月二五日付高階某奉書をめぐって三 尊氏東国在陣期における守護沿革考証について a 仁木頼章の下野国守護在職説について b 宇都宮氏綱の下野国守護在職説について c 小山氏政の文和二年における下野国守護在職の可能性について四 観応撹乱期における宇都宮・小山両氏の勢威五 東国の伝統的守護の存在形態 : むすびにかえて

収録刊行物

  • 史学

    史学 57(3), 453-474, 1987-11

    慶應義塾大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007410558
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00100104
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03869334
  • NDL 記事登録ID
    2855515
  • NDL 刊行物分類
    G36(日本史--鎌倉・室町時代)
  • NDL 雑誌分類
    ZG1(歴史・地理)
  • NDL 請求記号
    Z8-319
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ