戦国大名間外交における取次--甲斐武田氏を事例として Mediating alliance negotiations between Daimyo in the Warring States Period: the case of the Takeda Family

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

はじめに一 取次の検出二 取次の構成とその意義 1 当主側近 2 一門・宿老三 取次になることの意味おわりに論文

収録刊行物

  • 史學

    史學 77(2・3), 221-246, 2008-12

    三田史学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007411152
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00100104
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    journal article
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03869334
  • NDL 記事登録ID
    9786849
  • NDL 雑誌分類
    ZG1(歴史・地理)
  • NDL 請求記号
    Z8-319
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ