2P1-J8 同期型CSCLシステムにおける非同期型活用を支援する履歴再生機能について(インタラクティブセッション,転換期の科学教育:これからの科学的リテラシー)  [in Japanese] 2P1-J8 On a History Replay Function for Asynchronous Use of a Synchronous CSCL System  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

同期型CSCLシステムでは、参加している学習者がリアルタイムに書き込みを行っていく。しかし、学習活動が一段落した段階で、他の学習者が非同期的に、共有空間に書き込まれた内容の文脈や経緯を把握することは困難である。そのため、同期型CSCLシステムを非同期型でも活用するには、内容の文脈や経緯を知るための手だてが必要である。そこで、非同期的な参加者でもそうした文脈や経緯を把握できるよう、書き込みの履歴を再生する機能を実装した。

Journal

  • Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 32(0), 297-298, 2008

    Japan Society for Science Education

References:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007456122
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1035926X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    2186-3628
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top