3G1-C2 原爆を題材としたVRを用いた科学技術教材の授業計画(科学教育各論(3),一般研究発表,転換期の科学教育:これからの科学的リテラシー)  [in Japanese] 3G1-C2 Planning Class about VR Materials of Science Technology Education on Atomic Bomb  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

現状の学校教育の問題点として,自ら学び自ら考える力が乏しいことが挙げられており,これまでの教育の基調を転換することが求められている。理科離れが懸念される今,それを打開すべく新たな教材開発・それに伴った授業計画が必要であると考えた。そこで本研究では,科学技術的認識の思考形成モデル及び原爆を題材としたVR教材を用いた科学技術教育の授業計画の提案を行った。

Journal

  • Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 32(0), 449-450, 2008

    Japan Society for Science Education

References:  1

  • <no title>

    小川正賢

    序説 STS教育-市民のための科学技術教育とは-, 9-26, 1993

    Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007456184
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1035926X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    2186-3628
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top