参加型モデリングに基づく運転行動モデル構築手法  [in Japanese] A Methodology of Driving Behaior Modeling Based on Participatory Modeling  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年急速に活発化しているマルチエージェントシミュレーション研究において,エージェントモデリングは核となる技術である.本論文では,応用領域として交通問題に着目し,参加型モデリングに基づいた個別の運転行動モデルの獲得のために,人間の運転行動を説明するための先験的知識をもとにモデルを構築するための手法を提案する.運転者横断的な先験的知識の利用を行う本手法によって,個別の運転スタイルが再現できることを,実験によって明らかにする.

Journal

  • The IEICE transactions on information and systems

    The IEICE transactions on information and systems 92(11), 1927-1934, 2009-11-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  12

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007467234
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12099634
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    18804535
  • NDL Article ID
    10484364
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-779
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top