高知県での森林環境税導入における政策決定過程分析 Analysis of the Decision Process of Introducing a Forest Environment Tax in Kochi Prefecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 竹本 豊 TAKEMOTO Yutaka
    • 愛媛大学大学院連合農学研究科 The United Graduate School of Agricultural Sciences, Ehime University

抄録

2003年4月に,高知県が全国で初めて導入した新税制「森林環境税」は,その後,同様の新税制が30の都道府県にまで波及したことを考えると,非常に興味深い事例である。本稿では,行政内部組織に焦点をあて,森林環境税導入の政策決定過程を解明した。政策決定過程における主要な政策調整は,課税方式と税の使途に存在した。課税方式では,(1)「水道課税方式」の従量制から定額制への変更と(2)「県民税超過課税方式」の選択,税の使途では,(1)ハード・ソフト両面からソフト中心事業への変更と(2)ハード事業の復活である。決定過程を分析すると,知事発言により,新税導入に向けた取り組みが積極化した税務課の新税実現に向けた現実的選択の積み重ねと,決定段階での森林局の実質的関与が特徴的であった。政策決定過程を仮説的に定義すると,ある政策目的に対して理想的な政策手段を追及する過程ではなく,ある政策目的を円滑に達成するための政策手段を選択していく過程であるといえる。

"Forest environment tax", a new tax system that Kochi Prefecture introduced for the first time in the whole country is a very epoch-making tax in that 30 other prefectures followed Kochi and introduced a similar kind of tax. In this article, the decision process of introducing a forest environment tax was clarified. The main adjustment in the policy decision process existed in the taxation formula and the usage of the tax. The main actors in the policy decision process were the Tax Affairs Division that was aggressive to introduce a new tax, and the Forestry Subdepartment that worked together in the final scene. It was verified that the policy decision process meant not the process to pursue ideal policy tools for a certain policy purpose, but the process of selecting the policy tools to achieve a certain policy purpose smoothly.

収録刊行物

  • 林業経済研究

    林業経済研究 55(3), 12-22, 2009

    林業経済学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007467692
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00330523
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0285-1598
  • NDL 記事登録ID
    10491321
  • NDL 雑誌分類
    ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL 請求記号
    Z18-449
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ