古地図高精細画像データの活用とGIS分析(<特集>歴史地理情報システムの活用)  [in Japanese] Application and GIS analysis of the high quality digital image data of old maps(<Special feature>Applications of the geographic information systems)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 平井 松午 HIRAI Shogo
    • 徳島大学(大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部) The University of Tokushima, Faculty of integrated Arts and Sciences

Abstract

徳島大学附属図書館は200点を超える古地図を所蔵しており,その中には伊能図や国絵図,実測分間絵図などの貴重な資料が含まれている。附属図書館では1997年度より,こうした貴重資料の「保存」と「利用」を目的に高精細画像データを作成し,Web公開に努めてきた。他方,古地図高精細画像データの活用法として注目されているGIS分析については,古地図画像データをGISソフト上で位置補正する必要があるが,紙ベースでは困難な定量分析や航空写真・数値地図と重ね合わせての歴史景観分析などに有効である。さらに,歴史資料データベースと組み合わせることで,新たな時空間データベースの構築も期待される。

The Library of the University of Tokushima has the collection of over 200 old maps in the Edo era. The 44 sheets of those have been made of the high quality digital image data, and have been exhibited on the Web site of digital archives of the University Library. On the other hand, the digital data of old maps have been expected to be applied to the GIS analysis at the level of research. The digital data of old maps georeferenced by GIS program are useful to analyze the historical landscape and the quantitative analysis and the Historical GIS is hopeful as the new tool to build up the time-space database.

Journal

  • The Journal of Information Science and Technology Association

    The Journal of Information Science and Technology Association 59(11), 551-556, 2009

    Information Science and Technology Association, Japan

References:  16

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007467885
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10005857
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL Article ID
    10412811
  • NDL Source Classification
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL Call No.
    Z21-144
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top