イタリアの図書館法 : 日本の図書館法との相違(<特集>海外の図書館法と図書館関係立法) Library law of Italia : Difference from Japan(<Special feature>Library laws and their related legal issues from the international perspectives)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論は単なる「イタリア図書館法」の紹介・解説に留まらない。同法の日本語訳と日本の図書館法を読みながら,幾つかの相違点を取り上げ,比較考察を試みた。そしてその違いが実際の両国の図書館活動にどのような影響を及ぼしているのかを探った。その結果,図書館に関する法とは,国家が図書館をどう見ているか,その図書館思想を鏡に映したものであることが分かった。しかし残念ながら日本の図書館法はその思想を持たないことに気付く。日本の改正「図書館法」は平成24年から施行されるが,その思想は旧態已然であり,図書館の方向を見据えているイタリアの図書館法との隔たりは一向に縮まっていない。

The main subject is not only limited to the introduction and commenting on the library law of Italy. After initially translating it, I then read the library of law of Japan along with it by doing so I was able to define more clearly the differences between, thus comparing them. Following this, I then tried to assess more clearly any possible influences that specific library activities of either nation might have had on this matter. As a result, I concluded that library laws may well reflect the individual thoughts about libraries of both nations in question. To my disappointment I noticed that the library law of Japan does not seem to have any real thought (or idea). In Japan the law is due to be amended in 2012, but the new potential idea remains just as it is now. Under the existing conditions the disparity between both nations is not being shortened, because presently Italian library law stares fixedly in its present direction.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 59(12), 591-596, 2009

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007482973
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    10449487
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ