マトリクス状電極による表面筋電図計測 : 筋線維方向の推定 Estimation of muscle fiber direction by matrix electrode

この論文をさがす

著者

    • 小西 有人 KONISHI Yuto
    • 大阪電気通信大学大学院 医療福祉工学研究科 Graduate School of Biomedical Engineering, Osaka Electro-Communication University
    • 山口 晶子 YAMAGUCHI Akiko
    • 大阪電気通信大学大学院 医療福祉工学研究科 Graduate School of Biomedical Engineering, Osaka Electro-Communication University
    • 中村 英夫 NAKAMURA Hideo
    • 大阪電気通信大学 医療福祉工学部 Department of Biomedical Engineering, Osaka Electro-Communication University
    • 吉田 正樹 YOSHIDA Masaki
    • 大阪電気通信大学 医療福祉工学部 Department of Biomedical Engineering, Osaka Electro-Communication University

抄録

表面筋電図計測において,筋線維方向と電極の貼付方向とがずれていることは大きな問題となる.そこで本研究では,計測後のデータより筋線維方向が推定可能な表面筋電図計測手法を提案する.本手法は,マトリクス状電極の各信号と基準電極の信号とを差動増幅した信号を記録する.任意の2つの記録信号の差動信号を求めることで,任意の電極間で双極誘導信号と同様の結果を得る.上腕二頭筋上にマトリクス状電極と基準電極を貼付し,最大随意収縮時の信号を記録した.本手法により,筋線維方向が推定できた.よって,本手法を用いれば計測後のデータから筋線維方向を推定し,マトリクス状電極の各電極から筋線維方向に沿っており神経筋接合部を挟まない2つの電極を選択することが可能となる.

When a muscle fiber direction and an electrode direction are different, it will be a problem in surface electromyogram measurement. Therefore, by this study, we suggest the surface electromyogram measurement procedure that a muscle fiber direction can estimate from data after measurement. This measurement procedure records differential amplification signal of matrix electrode signal and reference electrode signal. We get the signal which is similar to bipolar lead signal between any electrodes by getting a differential signal of two any record signal. We placed a matrix electrode and reference electrode on biceps brachii muscle and recorded surface electromyogram. By this measurement procedure, we were able to estimate muscle fiber direction from data after measurement. We can also choose two electrodes which do not across neuromuscular junction and along a muscle fiber direction from a matrix electrode.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 109(258), 29-32, 2009-10-22

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007483123
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10433917
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ